安全最優先の滑らない床

安全最優先の滑らない床

安全を考えられた滑らない床はワンちゃんなどのペットが部屋の中で激しく遊んだり走り回ったりして足を滑らせ転んで怪我をしないようにと飼い主の愛情が伝わります。

私自身は部屋でワンちゃんを飼ったことはありませんので実際に怪我をしたという場面に遭遇したことはありません。

海外で作られた全身がピンクの動物が主役のアニメでは、家の中で追いかけあって滑って壁にぶつかってペシャンコになったり、穴を開けて突き抜けたりしていますが、もし自宅があれくらいよく滑る床だったら子供が喜んで年中遊んでいることでしょう。

私も子供の頃、学校の廊下のよく滑る箇所で友達同士、どれだけ格好良く滑れるか、目標を作って滑ってちょうどのところでどれだけうまく止まれるか、など競ったことを思い出します。

重心が定まらずフラフラしている高齢者にもグリップが効くようになり、杖をついて部屋中歩かれても傷にならないよう考えられています。

「滑らないフロアコーティング」はペットと高齢者に向いています。

床が受けるダメージを抑えるコーティング

2DKや2LDKのマンションであればお手ごろな広さで生活も2人ないし3人なので動きも少なく床が受けるダメージも少なくなるため1度フロアコーティングを施せば15~20年くらいは大丈夫そうですね。

しかし、4人以上の家族で生活していると3DK以上ないと手狭でしょうし戸建は2階があるものがほとんどなので、その分階段や移動スペースを入れると床面積も増えますね。

家族が1人増えるとその他の家族の動きもその分増えるので1人分以上のダメージが床に加わっています。

フロアコーティングのプロ

マンションの1室で3LDKの間取りになると2階がない分その空間での動きが活発になり戸建で考えられる床ダメージの何割か増えます。

施工したコーティングの耐久性にもよりますが2~3年に1度でやり直すことになりそうです。

さらにペットやなんかを飼っている部屋は爪の引っかき傷がついたりお漏らしをしてコーティングに影響を与えたり、何より毛が人間と違って全身に生えていますから抜けた毛を掃除する掃除機によるダメージも考えるともっと短いサイクルで施工することになりますね。